« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月12日 (土)

バリ料理を作る!バソ・グテ編@うち

スラマッシアーン!(。・_・。)ノ

☆Bali大好き!の写真はクリックすると拡大して表示します☆

昨日は、関東地方は平野でも雪。うちの周りは、道に雪は無いものの車の上や屋根に雪が積もってます。今日も寒いです!

影武者のバリ料理教室の続編!?バリ料理ネタいきます!

帰国後、旦那さんと二人でバリ料理を作りました。作ったのは、先日アップした「影武者のバリ料理教室」で紹介した、バリ料理の基本スパイスである『BASE GEDE(バソ・グデ)』です。

こんなすごいものを教えてもらえると思っていなかった私と旦那さん。教えてもらったからには、二人で作れるようになりたいと頑張りました~♪

Dscf0158

バソ・グデの材料、スパイス類は由美さんの力作、このテキストを持参すればパサールで揃えることができます。

Dscf0455

パサールのいつものバパッに挨拶して売り場へと。

Dscf0387

前も書いたことですが・・・買い物してバイク置き場に戻り、自分のバイクを探す旦那さん。見つけるのはいつもこのバパッが先なんですよね~。ホント不思議。旦那さんの顔を覚えてるだけじゃない!バイクも覚えてるってすごい!毎回驚く私デス・・・(^^;;

パサール中あっちこっち歩き回って探して、やっと見つけたそのスパイス屋さんは、いつも果物を買う売り場のすぐ近くでした(# ̄m ̄)プッ

Dscf91862

基本のスパイス。にんにくやバワンメラやチャベなどはよく見かけるし、問題なく買えるけど、他の材料は見かけたことがなかったです。あのテキストが無かったら揃えるのは無理だったと思うナ~。

Dscf0390

基本のスパイスの根茎類をまとめて、BEBENGKILAN(ブブンキラン)と言うそうです。テキストを見せてブブンキランと言ったら、次から次へとスパイスがでてきました。

量り売りのもの。

Dscf0392

小さい袋に小分けになっているものもありました。

Dscf0391_2   

スローもここで売ってました。バリ語でsera(スロー)、イネ語でterasi(トゥラシ)。

最初はスーパーで売ってるトゥラシを見せてくれたけど、ただの透明ビニールに入ったのが後から出てきました。欲しかったのはこっち!

由美さん、鰯が入ってると言ってたと思います。スーパーで買うものよりこっちのほうがずっと美味しいです!

テキストに載っていたうち、一つのスパイスを除いて全て揃いました。チャベとチャベブサールの上に載っているのがスローです。

Dscf0395

ビンタンで、石臼もゲット!

Dscf0398

でも、この石臼はまがい物っぽいです・・・何度洗っても砂が出てくる(^^;;

Dscf9378

料理に使うスパイスは、このようにフリーザーバックに小分けにし、冷凍保存してあります。

Dscf9379

バソ・グデの材料。

Dscf9381

こうして昼間から二人で料理するなんて、めったいにないこと。楽しいッス♪

Dscf9390

まず硬いのを包丁で刻みます。

Dscf9385

うちにラユさんはいないので、丸ごと潰すのは諦めました。

Dscf9391

というか、重たい思いをして持ち帰ったこの石臼は砂が出て使えないので、ミキサーにお任せ(# ̄m ̄)プッ

Dscf9393

すり鉢で仕上げて、バソ・グデの完成!

Dscf9395

影武者のバリ料理教室で作ったみたいに、なめらかな仕上がりじゃなけどティダアパアパ!(≧m≦)ぷっ!

Dscf9399

バゾ・グデを使って、チキンのスープを作りました。バナナの茎の代わりに使ったのは、セロリでございます!

回りを焼いた手羽元とバソ・グデ。

Dscf9397

水を加えて煮込みます。バソ・グデと水これだけです!

冬の煮込み料理には、ストーブが一番!うちの年代物のストーブが大活躍です(^^;

Dscf9401

じっくりコトコト煮込みます。

Dscf9400

セロリを追加。最後に葉っぱの部分も入れます。

Dscf9403

もう一つは、バソ・グデを使ったサテリリッも作りました。この日は鶏ももの挽肉です。混ぜて焼くだけ。簡単です!

私 「串に刺そうよ~」

旦那さん 「どうせ抜くんだから刺さなくていい」

・・・とバッサリ。プププッ (#^m^)o==3

SATE LILIT(サテリリッ)とは、つくねタイプの串焼き。「LILIT(リリッ)」は、「巻きつける」という意味らしいので、ただの「つくね」ですネ(^^;;

というわけで完成!!!

出来上がったころはすっかり夕方。ビンタンで乾杯です!!!これがあると盛り上がる!(# ̄0 ̄)/ オゥッ!!

Dscf9405

バソ・グデを使った、セロリとチキンのスープ。

Dscf9407

バソ・グデを使った、つくね。

Dscf9408

こちらは買ってきて殻を剥いただけの海老のお刺身。

Dscf9410

もーーーーっどれも旨っ!!!

味は、料理教室で作ったのとほぼ同じ!美味しくできました!

料理教室に参加した甲斐があったというものです。頑張った(# ̄m ̄)プッっ

この数日後、私はナシチャンプル作りに挑戦っ!!!

次は、バリ料理を作る!ナシチャンプル編です!そいではまた(。・_・。)ノ

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

続:影武者のバリ料理教室!

スラマッシアーン!(。・_・。)ノ

☆Bali大好き!の写真はクリックすると拡大して表示します☆

本当に素晴らしい、『影武者のバリ料理教室』

今日は続編です!

料理教室の先生は、和食レストラン影武者のオーナー由美さん。由美さんから希望があったら言って下さいネ。というメールをもらって、うちがお願いしたことは・・・

ナシチャンプルを作りたい!でした(# ̄0 ̄)/ オゥッ!!

具体的にリクエストしても良いというお言葉に甘えて、いくつかお願いしていました。

サテリリッ、サンバルマタ、サンバルメラ、鶏のおかず。ナシチャンを食べるとよくある、いんげんのおかずとバワンメラや小海老の揚げたもの。それと、チャカンクンが作れるようになりたい。

メールをやりとりするうちについつい調子に乗りまくり、ニョマンダナみたいな海老を揚げたおかずも作ってみたい。・・・とこんなにも沢山のリクエストをしました(# ̄m ̄)プッ

由美さん、それを全部聞いてくれたんです!きっと普通は、バソ・グテを作って、それを使った3品くらいにあとプラス1品くらいなんだと思いますが・・・

由美さん、わがままを聞いてくれてホントにありがとうございます!!!

次のお料理は、チキンのサンバル・トマト和え。

サンバル・トマトは生を潰すのではなく、先に茹でます。

Dscf0204

唐辛子やにんにく、トマトなどなどを火にかけて10分ほど茹でて水気を切り石臼へ。

生を潰すよりは簡単カナ。

Dscf0216

次に、ココナッツオイルを熱したフライパンに潰したものとレモングラスを加えて煮詰めます。

Dscf0219

半分くらいまで煮詰めてヤシの砂糖と塩を加えてサンバル・トマトが完成。

Dscf0221

鶏は、ラユさんが素揚げにしてくれたものがキッチンに届きました。細かく裂きます。

Dscf0206

出来立てのサンバル・トマトと和えます。

Dscf0225

これまたプロの味!激旨です!

レモングラスを添えて、チキンのサンバル・トマト和えが完成!!!

Dscf0226 

バワンメラと小海老の揚げ物。

Dscf0237

バワンメラは、低温でゆっくりじっくり揚げていきます。かなりの時間をかけて揚げました。カリッと仕上がります。

Dscf0248

大好きなチャカンクン!

Dscf0245

カンクンって、バリではそこらじゅうに生えているんだそうです。知らなかった(# ̄m ̄)プッ

チャベブサール、チャベ、バワンメラ、ニンニクをカンクンと手早く炒めます。

Dscf0244

調味料は塩のみだったと思います。これはあっという間に完成!

Dscf0250

簡単だけど、これまた旨いっ!!!

Dscf0257

ニョマンダナ風の海老を揚げたおかず。これもまた超美味しかったんです!

Dscf0260_2

スパイスを石臼で潰したものと米粉を混ぜたのが衣。

Dscf0240

石臼で潰します。またラユさんに手伝ってもらってペースト状にプププッ (#^m^)o==3

この衣が、ホントに美味しかった。海老と合います!ニョマンダナより美味しい味付けかも(^^;;

Dscf0243

最後の料理は、コレ!

Dscf0251

サンバル・マタです!!!

Dscf0253

サンバル・マタを美味しく作るコツはただ一つ。よく混ぜることだけだそうです。大好きなサンバルマタも完成しました!

Dscf0254

10時から始まった料理教室ですが、この時既に13時半過ぎ。うちがいっぱいリクエストしたので完成までに時間がかかりました。由美さん、ホントにありがとう~♪

テーブルにできた料理を並べてビンタンで乾杯デス!

Rimg0026

食べる&話に夢中で、みんな写ってる全体を撮影した写真がない・・・(≧m≦)ぷっ!

この日、作った料理を紹介します!

バソ・グテを使った料理。バナナの茎とチキンのスープ。

Rimg0029

同じくバソ・グテを使ったサテリリッ。

Dscf0228

バソ・グテを使った長いんげんのスパイシーココナツソース和え。

Dscf0259

チキンのサンバル・トマト和え。

Dscf0226_2

チャカンクン。

Dscf0257_2

海老の唐揚げ。

Rimg0027

由美さん。チキンのスープを煮込んでいるときに、ゆで卵をスープに追加。海老の唐揚げに添えてあるのはその煮た玉子。サンバル・トマトをのっけてくれました。

どれもこれもホントに美味しいんです!化学調味料を一切使わないで、素人の私達がこんな料理を作れるなんてホントにホントに驚きました!!!

もちろんナシチャンプルにしてみましたよ~。

Dscf0263

全てこの日、料理教室で作ったおかず。少しずつご飯にのっけました。海老とバワンメラを揚げたのもパラパラかけて、チキンスープをかけながら食べました。

もうーーーー旨っ!大感激っ!!

由美さんが言うには、ちゃんとお義母さんの味だそうです!初めての挑戦にしては大成功カナ!プププッ (#^m^)o==3

Dscf0266

食事をしながらバリの食文化について話をしてくれたり。

Dscf0268

そうそう・・・ずいぶんとプライベートな話もしてくれて、楽しかった(≧m≦)ぷっ!

由美さん、ホントにありがとうございました!ラユさんにもよろしく伝えて下さい。これからもバリで頑張ってくださいネ!たまに!?影武者に飲みにいきます!(^^;;

ラユさんと私と記念撮影。

Dscf0269

由美さんと旦那さんの記念撮影。

Dscf0272

ダプール・バリ料理教室 http://www.dapurbali.com/contents/school2007.html

-2010.2.6朝追記!ココカラ-

由美さんにブログをアップしたことをお知らせしたらとっても喜んでくれました(^^;;

由美さんに確認したことを追記します。

参加者に「エプロンを一枚差し上げます」とのこと。私と旦那さんがしてたのも頂いたエプロンです。今も愛用中♪

それと「お飲物は、ビンタンや何でも、お一人一品は料金に含まれております。」とのこと。

料理が出来上がってビンタンを飲みながら食事したのですが、料理教室の代金だけを支払ってビンタンの支払をし忘れたので、その日の夕方影武者に支払に行ったら、サービスだと言うんです由美さん!

なんて太っ腹な!!!と驚いたのですが、それくらいは大丈夫とビンタンの代金を受け取ってくれませんでした。・・・となると40ドルは更に安いデス!

-2010.2.6朝追記!ココマデ-

開催日 毎週 火曜日 & 金曜日(ガルンガンとクニンガンの祝日・前日は除く)
和食「KAGEMUSHA」敷地内

開始/終了予定時間 10:00am/ 2:30 pm
場所  dapur BALI スタジオ
料金 一人40ドル 最低遂行人数 2名 Max 6名

由美さんと話がはずみ、3時過ぎまで長居しちゃいました(^^;;

影武者はとっても人気のある和食レストランですが、由美さんのこだわりが気持ちのいいお店の造りや料理やおもてなしに現れれているんだと実感しました。バリで頑張ってる由美さん、ホントに素敵です!

影武者のバリ料理教室、自信を持ってお薦めします!バリ料理が勉強できて、そこらのワルンよりずっと美味しいバリ料理が食べれるし!おまけに由美さんの楽しい話も聞けますヨ!

今度は、うちで作ったバソ・グテをアップしようかな~そいではまた(。・_・。)ノ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

影武者のバリ料理教室!

スラマッシアーン!(。・_・。)ノ

☆Bali大好き!の写真はクリックすると拡大して表示します☆

またもご無沙汰してしまいました。寒い日が続きますが皆さんお元気でしょうか!?

私はとっても元気ッス♪

今日は、今回の渡バリで一番楽しみにしていた『影武者のバリ料理教室』をアップします!

以前から、一度は参加してみたいと思っていたバリでの料理教室。美味しいサンバルが作れたらいいなぁ~というのがそのきっかけでした。

が、しかし!この料理教室・・・とんでもなく本格的なのです!スパイスの説明から始まり、出来上がった料理は、自分たちが作ったとは思えないほど美味しくて、ホントにホントにビックリしました!

最初に言ってしまいますが、影武者のバリ料理教室マジでお薦めです!(# ̄0 ̄)/ オゥッ!!

料理教室は、和食レストラン影武者の隣の建物で朝10時から始まりました。

詳しくは、「ダプール・バリ料理教室のご案内」をご覧ください→ コチラ

テーブルには料理教室で使うスパイスがずらりと並んでいます。

Rimg0003

早速、写真撮影を始める私。手前に置いてあるのがテキストです。

Rimg0002

このお菓子とお茶を頂きながら話を聞きます。

Dscf0157

超美味しかった。素材を生かした甘さ控えめのお菓子。絶品ッス♪

Dscf0156

影武者のオーナー由美さんが料理教室の先生です。由美さんがお義母さんから受け継いだバリ料理の味を料理教室で教えてくれます!

Dscf0159

テーブルに並んだスパイスの説明から始まります。

Dscf0163

スパイス一つ一つ、現物を見たり匂いを確かめたりします。テキストには写真とバリ語、和名、インドネシア語、英語と学名で表示、効用の説明もあって後で見ても理解できるとっても素晴らしい内容です。

例えばよく見かける、このデッカイとうがらし。

Dscf0145

バリ語で、tabeyo gede(タベヨー・グデ)。イネ語でcabe besar(チャベ・ブサール)。和名は、あまとうがらし。

チャベは全部超辛いものと思っていましたが、このチャベはそんなに辛くなく、料理する時は、こうして種をとるんだそうです。

Dscf0165

しょうがみたいだけど、色が黄色で香りが強いバングレー。

ジャワではジャムーにしか使われないそうで、スパイスとして使う場合は少量加えるだけでいいそうです。

Dscf0166

他にもたくさんのスパイスや、ハーブなどの説明を受けました。

Dscf0170

いよいよ、実習!

Dscf0178_2

バリ料理の基本と言える『BASE GEDE(バソ・グテ)』バリニーズ・スパイス・ペーストを作ります!

テキストに載っている中の、16種類ものスパイスを使います!すごいっ!

Dscf0158

このペーストを使って、スープやサテリリッ、いんげんの和えものを作りました。

テキストを見ながら、材料を皿に取り分けます。真剣な顔の旦那さん・・

Rimg0005

固いものから順に石臼でつぶしていきます。

Dscf0183

次・・・

Dscf0181

その次・・・

Dscf0182

根茎類のスパイスは生で用いるのがバリ料理の基本なんだそうです。

由美さんの見本のあと、石臼を初めて使う旦那さん。

Dscf0184

いや~これはホント大変。固くてなかなか潰れないんです(^^;;

Dscf0186

スタッフのラユさんが料理教室のアシスタント。手ほどきを受けながら頑張りました。

この石のすりこぎ棒の動かし方がこれまた難しくて。由美さんやラユさんのようにいきません。

Rimg0010

ほとんどラユさんにペースト状にしてもらったかんじデス・・プププッ (#^m^)o==3

Dscf0191

根茎類がペースト状になったところで、今度はバワンメラやチャベなどを丸ごと追加。丸ごとを潰していくところがすごいっ!!!

Dscf0192

刻んでから潰す家、そのまま丸ごと潰す家。家ごとでやり方は様々で、仕上がりも粒がなくなるまで丁寧にする家もあれば、ゴロゴロ残ってるままでもOKな家もあるんだそうです。

潰し始めて30分。ラユさんに助けてもらってやっとペースト状になりました!

Dscf0193

この作業、ラユさん一人なら5分もあればできてしまうそうです。私と旦那さんには力仕事で筋肉痛になるような作業でしたが、毎日やってるバリ人女性はそんなことはないらしいです・・・(# ̄m ̄)プッっ

塩とココナッツオイルとスローを混ぜます。

Dscf0195

スローとは、アミを発酵させた調味料。バリ語でsera(スロー)、イネ語でterasi(トゥラシ)。インドネシアで使われている旨味調味料で、「ダシ」の役目をします。

混ぜる作業中の旦那さん!

Rimg0014_2

これで、バソ・グテが完成っ!!!

これを使って、一つ目の料理。バナナの茎とチキンのスープを作りました。

Dscf0201

バナナの茎を切る旦那さん。バナナの茎このスープによく合います。バナナの木はバリの家庭には必ずあります。この茎は頻繁に料理にも使われるそうです。

Rimg0018

じっくり煮込んだスープはまさにバリの味。

Dscf0222

バリの家庭では大鍋にたっぷり作って毎日火を通して食べ、どんどん美味しくなるんだそうです。納得!!!

二つ目は、大好きなサテリリッ!この日はバビ!

バソ・グテとバビのミンチ肉、ココナッツフレーク、ヤシ砂糖、塩が材料。

ココナッツを専用のおろし金「キキアン」でおろします。

Rimg0020

この「キキアン」スーパーで見つけて買いたかったけど、日本では肝心のココナッツがないよね~ということで買うのを諦めました(# ̄m ̄)プッっ

Dscf0209

ヤシの砂糖も結構たっぷり入れます。

Dscf0210

これを混ぜて、こねます。

Dscf0212

そして、この棒に巻きつける。

Dscf0213

棒を回しながらつけていきます。楽しかったプププッ (#^m^)o==3

サテリリッ完成!!!焼きたてを試食!

アッツアツで旨っ!!!

これはもう最高でした!!!(# ̄0 ̄)/ オゥッ!!

Dscf0228

バソ・グテを使った三つ目の料理は、長いんげんのスパイシー・ココナッツソース和え。

ココナッツミルクを作ります。

まず、キキアンでフレーク状にすりおろします。

水を加えて、手でよく揉んでこします。

Dscf0230

バリの料理ではよく使われているココナッツミルク。こんなに手間がかかってるんだ~と感心しつつ・・

バソ・グテと絞ったココナッツミルクと塩とジャンガルウラムを加えて火にかけて、トロリとして半分くらいに煮詰まって塩で味を調えたら完成。

Dscf0236

茹でて裂いたいんげんと和えて完成!これも超美味しかった!本格的な味!!!

Dscf0259

自分たちが作ったものとは思えない料理。この味・・・

サンバルトマトや、サンバルマタも作りました。バリ料理教室、全品載せたいので続編いきます!近々アップ予定です(# ̄0 ̄)/ オゥッ!!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »