« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

バリ舞踊にはまってユリアティに会う♪

うちのバリ好きを盛り上げたのは、この番組・・・

アジア語楽紀行バリ・旅するインドネシア語!!!デス☆

Dscf0130_2

いや~~、録画を何度も何度も見ました・・。ユリアティーかわいい!!!本も毎日持ち歩いていたのでボロボロです・・・^^;

この番組でインドネシア語がますます好きになり、踊るユリアティがすごく素敵で映像も音もきれいな番組でした。バリ舞踊に初めは全く興味がなかったのが嘘のよう。。渡バリを重ねるうちに、あの踊りと音楽に惹かれていって、どんどんはまっていきました。そしてそんな時にこの番組。アジア語楽紀行バリ・旅するインドネシア語!!!次は絶対ウブドに行ってユリアティに会うんだ-!と2005年8月ウブドへ。しかしこの時ティルタ・サリは見ることができず・・・でも3日続けてダンスをみました。本当に感動でした!!

でも、ユリアティに会えました!日本で!

Dscf2150_1 Dscf2154 Dscf2158

2005年9月。東京で2度講演がありました。舞台は小さかったけれど、目の前でユリアティが踊る姿が見れて本当に感動でした。TVで見るより、ずっとずっーーときゃしゃで小さい女の子でした。でも踊りはすごい。あの指の指の動きとかすごすぎました!!感動して舞い上がっていたのでこの場でごいっしょした方がいたらはずかしいっす・・・(-_-;)

そして我が家の宝物がこの写真です(^.^)

Omendscf2167 Omendscf2165 Omendscf2172

ほんと、かわいいー。旦那さんのデレデレと嬉しそうな顔が見せられなくて残念!(^_^メ)

ユリアティのお父さんの絵も買いました・・芸術はよくわかりませんがこの絵を買ったおかげで話ができて、写真をいっしょに撮れました。満足げなうちの旦那さんです。

Omendscf2190 Dscf0140

そして、もう一つの宝物!その時書いてもらったサインです!

Dscf0135_3

ティルタ・サリの舞台は去年の11月に見ました。すごくきれいな会場で素敵だったけど、ユリアティがいなかった。次はあの会場でユリアティに会いたいです!(^.^)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

グレカンビン!サテカンビン!

今回の渡バリで、お初!!グレカンビン!サテカンビン!山羊です!^^;

す~さんのブログシアワセおすそわけTB。。(^.^)こちらのお店は「ワルン・ムスリム」。すっごくおいしいそうです!!次は絶対行きます!私たちが通いつめた(2回・・^^;)お店は「ワルン・マドゥーラ」です。バリ在住のあこがれの素敵な方、yasuoさんのHPで知ったお店です。

初めてワルン・マドゥーラに行ったのは、バイクで偶然通りかかったからで、お昼を食べたあとでお腹いっぱいでした。サテカンビンを注文したら20本でてきて唖然。一人前10本だなんて、ありえない。もちろんグレカンビンも食べたのでお腹いっぱいがさらにいっぱい。サテは残してブンクスしました・・^^;

しかし、エナスカリでございました!!

そして翌日の夕方、またワルン・マドゥーラへ。バリ人のアグスさんにサテの注文のしかたを聞いてでかけました!「Minta 10 biji。」「ミンタ・スプルー・ビジ!」「10本下さい!」が通じました。なぜか嬉しい!!^^;

この日は、グレカンビンRP.5,000サテカンビン10本RP.10,000ナシプティRP.2,000アクアRP.2,000しめてRP.19,000でした。なんと安い!!そして旨い!ご飯にグレカンビンをかけて食べたのが最高でしたー。サテより好きかもしれないです!

写真はお店の前で記念撮影したこの一枚。サテを焼く煙で白い・・・。これじゃ店の様子もわからん・・・。どうも食べるものを目の前にすると写真を撮ることなどすっかり忘れて食べてしまいます・・・。そして、、わかっちゃいるけれど、、サテカンビンとグレカンビンを食べながらビールが飲めたら最高だなー!!

Omendscf0946

ワルン・マドゥーラの場所:ジャラン・ラヤ・ウブドの提灯がある両替屋の直ぐ近くで20~30m王宮寄りにあります。ローカルワルン最高!!

写真がちょっとさみしいなってことで・・・^^;

ローカルと言えば、初めてローカルなものを食べたのが2004年年末のサヌールでした。パサール付近で食べた「バクソ」です。このバクソおいしかった~!私、大好きでウブドのバクソソロもよく行きますが、このイヴのほうがおいしかった気がします。また食べに行きたいな~(^.^)

場所はうちの旦那さんの記憶だと、サヌールのマックの信号を西側に200m行った左側のパサール・センゴール?のようです・・・^^;

Omendscf1132 Omendscf1133

そして今度は・・・

「ピサンゴレン(揚バナナ)」の屋台がいたので2個買ったんです。いくら?って聞いたら「RP.5000」・・・5000ルピアーーー!!5000ルピアという値段に「高い!高い!」って言ったら、周りにいたバリ人が集まって来て・・・一緒になって高い高いを合唱してくれました^^;

屋台の人は笑いながら「ピサンゴレン」を一杯くれました。油っこくっていまひとつだったけどいい思い出です☆

| | コメント (11)

2006年7月15日 (土)

インテリアが素敵!Grand Bleu。

Grand Bleu(グランブルー)。「鳥毛清喜」のインテリアや器がとーっても素敵なお店でした。バリのあちこちでそのオブジェやインテリアを目にしますが、このお店はとても身近に鳥毛清喜を感じます。そのなんともいえないみどり色の階段に吸い込まれるように二階にあがりました。去年の(2005/4月)GWは旦那さんのお姉さんと三人で渡バリしました。三人でランチに出かけたのですが、あまりにインテリアが素敵だったので階段やテラスで記念撮影してしまいました。

Omendscf1583

インドネシア料理だけでなく創作料理も味わうことができます。どれも日本人好みの味で、とってもおいしかった!この「大海老の炭火焼き」がとくに旨かった☆アラックハニーもおいしかったなあー。ここ一年はずっとウブドだったので、なんだか懐かしいような。。

Dscf1588

Omendscf1584

Grand Bleuですっかり鳥毛清喜のファンになった私は買って持って帰ってきました・・。真面目にホント、大変でした・・。このとき覚えたのがガラスをインドネシア語で「kaca」「カチャ」でした。帰り、空港での荷物チェックでは指さしながらカチャカチャと言っていたら大事に扱ってくれました(^.^)

そうそう、、、「カチャ」と最初に言おうとしたうちの旦那さんは、「チャカ」と言ってしまって、二人でしばし爆笑!!空港にチャカ(拳銃)はまずいだろうーーー!!ということで、とりあえず全部割れずに持って帰ってきました。(-_-;)^_^;(^.^)

今朝、食器をしまっていたらうちの食器棚のかなりのスペースをとっているこの器たちに目がいきました。このなんとも言えないみどり色。。素敵!でもこの素材って少しでも濡れた手で触ってしまうと跡が残ってしまって扱いずらかったりして。。我が家の食卓にはめったに登場しません。毎日活躍しているのは右端に写ってる旦那さんの灰皿のみです!^^;Dscf0106

Grand Bleuの場所はここです!http://grandbleu.balibooktree.com/index2.htm

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

NURI'S WARUNG(ヌリスワルン)

スペアリブ食べた~い!!!(^.^)

Dscf2070_1

私がバリで食べるもので一番好きなのがNURI'S WARUNG(ヌリスワルン)のでっかいでっかいスペアリブです!ウブドに泊まった時は必ず行きます。一週間の滞在中2回!!

あんなにおいしいスペアリブ食べたことなかった!なんともいえないおいしさで、あのたれもお肉も・・・忘れられない味!NURI'Sではバリでなかなかお目にかかれないBintanの生ビールが飲めるのもうちとしてはかなりポイント高いです。Bintanは大好きですがこれが生だともうーぐびぐびいきます^^;

店先で焼くところもいいですよネ。あのたれがちょっとこげてくるにおい、たまらん^^;

今年のGWは木曜のツナの日にも食べに行きました。ツナの日、木曜に行けたのはまだ2回^^;7時を過ぎたら座れないかもと思って6時すぎには着きましたがもうかなりいっぱいで相席。食べられるならいいや(^.^)

ツナのサテも独特でおいしかったぁ~。刺身も食べました。日本で食べるよりあっさりしたまぐろでしたがなかなか(^.^)でもどうしてあの切り方なのか、不思議!(>_<)四角く切ってあって、かなり正方形にちかい、少し大きめのいつものプラスチックの小鉢のふちに貼り付けるような盛り付け。この前と同じだからあれが定番の形なんだろうなと。なんで日本風じゃないのかなー。オーナーのこだわり?

NURI'Sのミックスサラダも大好きです。野菜がとっても新鮮で酢を使ったさっぱりしたドレッシングもおいしくて、スペアリブにあう!

Omendscf2473_1 Omendscf2068_1

スペアリブRP45,000、Bintan生ビール一杯RP11,000、ミックスサラダRP15,000。ツナは値段を覚えてないです^^;・・・

あんなにおいしいのにこの値段ってこれまたすごい。ひげの素敵なオーナーに感謝!行く度にオーナーの姿を見ますがお腹がどんどんでっぱっていくようでちょっと心配。かわいい娘さんのために健康には気をつけてほしいです。いつもおいしいスペアリブとBintan生をありがとう!

場所:NEKA美術館の向かい!(^o^)丿

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

絶賛「ザ・レギャン」その4

ザ・レギャンはホテルはもちろん文句なく素敵ですが、スタッフが最高です!!

フロントのスタッフからプールサイドのスタッフ、庭の手入れしているスタッフ、みんながゲストのために本当に一生懸命でした。誇りを持って仕事をしているというのはこうことをいうのかなーと思わせてくれます。

ちょっと困った様子を見かけるとすぐに声をかけてきてくれる親切なスタッフがたくさんいます。まさにプロです。

あの頃はまだ日本語を話すスタッフは少なくて、レストランのメニューは英語だし。よくわかんないなーと困っているとイネ語まじりの英語で一生懸命説明してくれました。英語が苦手なのでさっぱりわかりませんでしたが・・。

ザ・レギャン・・とっても素敵なホテル。最高のスタッフ。あの笑顔にまた会いに行きたいです。あの海がまた見たいです!

Dscf0275 Omendscf0254_1

Dscf0279

| | コメント (3) | トラックバック (0)

海がすごい「ザ・レギャン」その3

ザ・レギャンの目の前は海です。ざぶーーーん!と胸に響くような波の音です。泳ぎもへたっぴで波に持っていかれそうなので海は見るだけです!^^;(-_-;)

一番長い時間居たのは、プールサイドだと思います。波の音を聞きながら風を受けて最高に気持ちいいです!プールサイドにも常にスタッフがいて、デーベットを日陰に動かしてくれたり、冷たいお水とおしぼりを持ってきてくれたり、それはそれは至れりつくせり。ホント、VIP気分でした(^.^)

Omendscf0271

これはお昼寝中のうちの旦那さんです・・^^;

もうひとつの最高の場所は、砂浜にあるデーベットです。ダブルベットサイズくらいあったと思います。ここもまた好きでした。きちんと警備されていますが、ホテルの外なのでバリ人が物を売りにきたり、マッサージやマニキュアをしないかと声をかけてきます。私はバリ人と触れ合えるこの場所が大好きでした。

私はベッキーちゃん?とちゃん付けで自らを名乗るバリ人の女性と仲良しになり、滞在中3回マニキュアをしてもらいました。値下げ交渉の末、両手両足セットでRP.70,000。最初は30ドルとか言われた気がします。もう・・^^;

うちの旦那さんはマッサージです。ここが日が当たってると暑いんですよねー。汗だくマッサージ^^;

Omendscf0280

Dscf0272_2 Dscf0240_1 Dscf0241

この場所にいるといろいろな物を売りにバリ人がやってきます。アクセサリー、帽子、絵、そして凧。あの凧を買って砂浜で揚げてみたいとうちの旦那さんは言っています。次のバリで決行予定です(^o^)丿

Dscf0235 Dscf0238 Dscf0277

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プールが最高「ザ・レギャン」その2

ザ・レギャンに泊まった時は、一日ずーーーっとホテルの中で過ごしました。くつろげる場所もたくさんあるし、プールは素敵だし、海は目の前だし、庭は手入れがゆき届いていてきれいだし、きっとどこかに行く気にはなれなったのだと思います。プールは旅行雑誌でよく見かける海とつながっているかのようなあの素敵なプールです。この写真はレストラン側から撮ったものです。Dscf0233

Dscf0232

プールは見る角度によって素敵具合が違います!!お面は私・・それはおいといて、本当にきれいでした(^.^)(^.^)(^o^)丿

Dscf0248 Omendscf0251 Dscf0246

そして、夕焼けのプールもこれまた素敵でした。。プールつながりということで、大好きな渡バリ病棟!「プールをたっぷりご覧ください!」にTB。お面をかぶった写真使ってみました~(^o^)丿

Dscf0282

ホテルのレストランで何度も食事をしたのに、おいしかったパスタの写真とか朝のバイキングの写真とか全然ない。。(-_-;)朝ご飯のときのジュースは絞る機械がおいてあって、オレンジを絞って作ったジュース、ホントおいしかった。。イメージ画像みたいなのしかない・・^^;

Dscf0234 Dscf0262 Dscf0257

| | コメント (2) | トラックバック (1)

また泊まりたいホテル「ザ・レギャン」その1

2003年8月に泊まったザ・レギャンです!海につながっているような素敵なプール、ゲストのために一生懸命なフタッフ、贅沢な部屋、忘れられない私のバリ島No.1のホテルです。

Omendscf0258

ザ・レギャン(The Legian Bali)には2003年8月に泊まりました。二度目のバリです。全室スイートで部屋が海に向かっています。目の前にスミニャックの美しい海が広がっていて部屋の中にいても、あのざぶーーーん!という波の音が聞こえてきます。私たちはツインルームをリクエストしました。ツインルームは残念ながら一階でした。写真はリビングで旦那さんとオートで撮影した写真です。初お面です。ぱうだーさん、こぱうだーさん、ありがとうございます!!ぱうだーさん&こぱうだーさん渡バリ病棟!!

部屋を入ると右側にダイニングコーナーがあります。冷蔵庫と簡単なキッチン用品、コーヒーメーカーとかが置いてありました。冷蔵庫しか使ってません・・^^;

この入り口付近にもトイレがありました。トイレ二個って便利!

左側にリビング、右側の部屋は寝室になっています。その中央に大きな丸いテーブルが置いてあり、スダップマラムとwelcomeフルーツが飾られていました。今はこのスダップマラムという花がバリらしくて大好きです。

リビングはすごーーく広くてソファもでっかいです。テレビもあってNHKも見れましたヨ。書斎?スペースもありました。リビングから海側にでることができます。一階の部屋というのはこれが便利!外に出ると、この部屋ゲスト専用の大きなデーベットとテーブルが置いてあり、ここでもくつろげます。ここで夜、ロウソクの灯りでワインを飲ました。夜の海のざぶーーーんもまた格別でした(^.^)

Dscf0225_2 Dscf0226_2

Dscf0227

Dscf0231_2

寝室にはそんなに大きくはないですがベットが二つ。ツインだからあたりまえか・・^^;

洗面スペースが向かい合わせに二つありました。鏡はそれぞれに四角いのと丸くて顔をでっかく映すのがついています。大きくて便利!^^;

その奥にはトイレ、お風呂、シャワースペースがあります。お風呂も大きくて、このお風呂についていたシャワーがレトロな電話みたいでかわいかったです

Dscf0217_2 Dscf0228_4 Dscf0229 Dscf0230_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »